ホーム社会的責任と環境 - 会社情報 > ダイドーエンゲージメントの保証体制

ダイドーエンゲージメントの保証体制

CSR・環境・品質保証課題

経営責任
法令、お客様要求、環境社会要求へ適合遵守の組織的実現と維持
品質保証・製品安全
標準化と品質管理、有害物質不使用
環境
法令遵守、排水、水、エネルギー、廃棄物、騒音
社会的責任
最低就労年齢、若年労働者、平等、報酬、労働時間、結社の自由/団体交渉権、ハラスメントと虐待、労働契約の遵守、苦情処理管理
安全衛生健康
労働環境、教育と研修、防火と消火、危険物、飲料水、衛生施設、医療ケア、宿泊施設

これらは、「ダイドーエンゲージメント/お客様とのお約束」に必要と考え、グループ全社が適合遵守に取り組み、加えてグループのお取引サプライヤーにも説明と同意協力を求める必須課題です。


自社工場での取り組み

  • 統合マネジメントシステム

    ダイドーリミテッドグループ自社生産工場は、法令遵守、総合的品質保証、環境、社会的責任の実現と維持を目的に構築された統合マネジメントシステムを2002年より導入し、第三者機関による審査評価とその適合認証取得を継続更新しています。

    統合マネジメントシステム
    CSR・環境についてのドイツ国際研究機関がフォーラム&デファクトスタンダードとして構築した「CSM2000(Compliance & Supply-Chain Management 2000 Standard)」を採用。

    この取り組みは自社工場内に留まらず、自社工場が使用する原料、染料、副資材のなどのお取引サプライヤー各社にも、その実現の協力と同意を得ています。

    CSM2000の詳細についてはこちら
    (協力:エコテック・ジャパン社)


お取引サプライヤーとの取り組み

  • ダイドーサプライヤー行動規範

    当社のお取引サプライヤー(原料・資材仕入先及び縫製工場)の皆様には、自社工場と同様の法令遵守、総合的品質保証、環境、社会的責任の適合遵守をいただくために2011年に「ダイドーサプライヤー行動規範(DAIDOH SUPPLIER Code of Practice=CoP)」を制定し、目的と意義を説明させていただき、ご理解を得て、同意承諾を表す書面を頂いています。

  • 行動規範の構成

    この「ダイドーサプライヤー行動規範(CoP)」は、あらゆる国、事業、職業を通じて、ダイドー製品の製造と販売に関与する人々にとっての最低限の行動基準を示したものであり、法的規制と国際基準に基づいて作成されています。
    また「ダイドーサプライヤー行動規範(CoP)」は、「安全と品質への保証活動」、「環境・社会的責任への保証活動」、「店頭~アパレルの保証活動」の3つの活動分野と6項目の要求事項から構成されており、2つの「製品要求」と4つの「企業要求」があり、これらの保証活動を通じて、『持続可能な(Sustainable)信頼と価値』を構築していきます。

全てのサプライチェーンにわたる安全・品質保証の仕組みの構築・維持
サプライヤー行動規範


  • 行動規範アセスメント実施と審査評価

    「ダイドーサプライヤー行動規範(CoP)」の要求事項に関する各サプライヤーの皆様の現況についての客観的な分析評価として、サプライヤー皆様によるセルフアセスメント(自己評価)を行っています。
    各サプライヤーの皆様にはセルフアセスメントを通じて「ダイドーサプライヤー行動規範(CoP)」の要求事項を深くご理解いただくとともに、現状のパフォーマンス(達成度)とウィークポイント(未達成度)を認識いただき、今後の強化と改善にお役立ていただくことを目的としています。
    アセスメントの実施とその審査評価は第三者評価機関により行われ、アセスメントレポートが作成されます。アセスメントレポートには、現状のパフォーマンス(達成度)とウィークポイントが記載されます。

Web回答・質問応答
お客様とのお約束ダイドーエンゲージメント ダイドーエンゲージメントのリレーションシップ ダイドーエンゲージメントの保証体制 国際的共通課題への取り組み
ホーム社会的責任と環境 - 会社情報 > ダイドーエンゲージメントの保証体制